スイス人銀行家の教え

お金


ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣 (だいわ文庫)では、アメリカの大富豪から「大富豪になるための教え」を説かれ、その後帰国した大学生が今度はアメリカ人大富豪の友人の紹介でスイスに行く話。実際には、銀行員ではなく銀行を所有する大富豪で多くのビジネスを手掛ける成功者であった。お金から解放されることが、幸せな金持ちになれると説いている。また、一方で、普通の人が幸せにも豊かにもなれない理由を説いていて、多方面での具体例からマインドまでを説明していてお金持ちマインドを作るには、とても良い1冊。
それでは

  • お金の支配から抜け出す

お金について学ぶ重要性

実は、見えないとところで、人間はお金に支配されている。

  • お金に支配されていることを知ること
    お金との関係を見極めること
    お金との過去に向き合う事
    お金の知性を身につけること
    お金の完成を高めること
    お金とのつきあい方を日常レベルで変えること
    ビジネスと投資をマスターすること
    お金の意味を知ること

普通の人が幸せにも豊かにもなれない理由

無知がもたらす不幸

  • 世の中には、知っているか知らないか。つまり、勉強しているかしていないかで幸福度が変わる。今までお金について、教わったことがない
    幸せに豊かになるために必要な知識がない
    自分が幸せな金持ちになれると信じていない
    適当な先生、コーチ、友人がいない

    ハッピーなミリオネアに必要な5つのクオリティー

    5つのミリオネアマインド

    ハッピーな金持ちになるのは、人間的な資質があると言っている。

    好奇心
    情熱
    愛情
    友情
    信じる心

お金の得方は5つしかない

お金を得るには、下の5つの方法しかない。

  • 相続するか、もらう
    仕事を得る
    ビジネスをする
    不動産収入を得る
    投資収入を得る

ミリオネアの6つの習慣

ミリオネアが何気なくしている大事なマインド

  • 余分に払う
    金持ちと付き合う
    ベストを求める
    義務や役割を果たしながらも、好きなこと、楽しいことをする
    長期的なビジョンを持つ

メンターから与えられた試練

重要な6つのこと

  • 人を喜ばせること
    多くの人を巻き込むこと
    お金を流れを生むこと
    関わる全員がハッピーになるような仕組みをつくること
    リピートできる可能性を持つこと
    感動、感謝、癒しが起きること

金運を高める5つのコツ

重要な行動指針

  • ポジティブなキャッシュフローをつくる
    物事を完了させる
    自分の持っているものを分かち合う
    ツイているものとつきあう
    人生をとことん楽しむ

書評

この本には、幸せなお金持ちになるためのマインドや行動指針、日々どのようにして生きていくべきかが書かれている。特にお金に関しての考え方で、楽しむこと、感謝すること、喜ばせることと言うマインドは非常に重要なマインドだと感じた。例えば、クラウドファンディングというサービスは起案者のアイデアや思いを一般の人が応援して目的達成のための、資金を集める方法だが、いかに思いをプロジェクトにのせるかが重要だ。
書籍の中で、お金を使って、人を喜ばせるには、人生でも最も楽しいことの一つだと言っている。

また、幸せなパートナーシップがもたらす効果として、人に信頼されやすくなり、余分な出費がない、チャンスを引き寄せると言っている。
確かに、パートナーは必ずあなたを信頼しているし、お金がなくても愛があれば幸せだから出費はしないはず。そして、パートナーがいると安心と安定感が生まれる。

真の豊かな人生とは、という問いに幸せなお金持ちはこう言っている。

好きな時に、好きな人と、好きな場所で、好きなことを自由にできる状態だよ。それさえあれば、必ずしもお金は必要ないのだ

彼の唯一の後悔は、人生のどん底にあったとき、お金に困ったとき、人生に信頼をおけていたら、苦しい時も楽だったと言っている。

お金は手段であり目的ではない。好きな人と好きなことをできれば結局、お金がなくても幸せだということだ。


スイス人銀行家の教え―お金と幸せの知恵を学ぶ12のレッスン